院長挨拶(Greeting From Director)

【院長挨拶】

 泌尿器科医、透析医、移植医として第一線の病院で27年以上切磋琢磨し続けた診療技術、研究実績を生かして、専門的な知識と質の高い医療を地域の皆様に提供し、ご満足いただける診療ができますように努めてまいります。
 泌尿器科疾患とその症状はなにかと受診がためらわれることが多いものですが、年だから、我慢できるからと自己判断せずに、生活の中で不都合に感じる症状や疑問に対して私共の専門的知識と技術を利用いただいて快適な生活を取り戻していただければ幸いと考えております。また、今までのがん診療、治療の経験を生かして、泌尿器系がんの早期発見に努め、患者さんひとりひとりに合った最適、最良の治療に到達できるよう、努めてまいります。当医院を皆様の健康生活の向上のためにお役立ていただければ幸いです。

院長 野村 照久 

【経歴】

1963年生まれ
1989年   山梨医科大学(現 山梨大学)医学部卒業、同泌尿器科医員
1990年   加納岩総合病院 泌尿器科
1991年   共立蒲原総合病院 泌尿器科
1992年   みつわ台総合病院 泌尿器科部長
1993年   山梨医科大学 泌尿器科助手
1994年   市川大門町立病院 泌尿器科
1995年   山梨赤十字病院 泌尿器科部長
1998年   山梨大学 泌尿器科助手
2000~2003年 米国アルバートアインシュタイン医科大学留学(New York)
2004年 4月 山梨大学 泌尿器科学部内講師
2007年 4月 山梨大学 泌尿器科附属病院講師
2009年 7月 富士吉田市立病院 泌尿器科部長兼血液浄化療法部長
2015年 7月 鈴木・野村泌尿器科クリニック院長

【資格等】

・日本泌尿器科学会専門医、指導医
・日本透析医学会専門医、指導医
・がん治療認定医(日本がん治療認定医機構)
・腹腔鏡下小切開手術(ミニマム創内視鏡下手術)練達医
・腹腔鏡下小切開手術(ミニマム創内視鏡下手術)施設基準医
・日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会幹事/同ガイドライン作成委員会委員
・臨床研修指導医(厚生労働省)
・緩和ケア研修会修了者
・山梨大学非常勤講師
・医学博士

【所属学会】

・日本泌尿器科学会
・日本透析医学会
・日本移植学会
・日本癌治療学会
・日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会
・ヨーロッパ泌尿器科学会(EAU)

copyright©2016-2018 Suzuki & Nomura Urology Clinic all rights reserved.