副院長挨拶(Greeting From Deputy)

【副院長挨拶】

 市川三郷町(旧 三珠町)で生まれ育ち、高校卒業後は新潟大学医学部で学んできました。
 帰郷後は、山梨大学医学部付属病院泌尿器科学教室にて研究生活後、県内関連施設にて泌尿器科医、透析医として研鑽を積んできました。その知識と経験を生かし、地域の皆様の健康に貢献できるよう、丁寧な診療を心掛けております。
 また、世界基準のより適切な医療を皆様が享受できますように、それぞれに一番ふさわしい機関との連携も行っていきます。
 増加の一途をたどる泌尿器科疾患は、相談し難い事もあろうかと思われますがその解決の一助となれればと思います。

副院長 三神 裕紀 

【経歴】

1972年生まれ
1991年   甲府南高校卒業
1997年   新潟大学医学部卒業 同泌尿器科学教室医員
1998年   立川総合病院 泌尿器科(新潟県長岡市)
1999年   竹田総合病院 泌尿器科(福島県会津若松市)
2000年   山梨医科大学(現 山梨大学)医学部泌尿器科学教室入局
2005年   山梨医科大学(現 山梨大学)大学院卒業
2008年   市立甲府病院 泌尿器科
2010年   市川三郷町立病院 泌尿器科
2014年   富士吉田市立病院 泌尿器科
2017年 7月 鈴木・野村泌尿器科クリニック副院長

【資格等】

・日本泌尿器科学会専門医 指導医
・日本透析医学会 専門医
・がん治療認定医(日本がん治療認定医機構)
・腹腔鏡下小切開手術施(ミニマム創内視鏡下手術)施設基準医
・臨床研修指導医(厚生労働省)
・緩和ケア研修会修了者
・医学博士

【所属学会】

・日本泌尿器科学会
・日本透析学会
・日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会
・日本排尿機能学会

copyright©2016 Suzuki & Nomura Urology Clinic all rights reserved.